インドネシアのストリートチルドレンと商売の話

今年に入ってから数回程度、仕事でインドネシアに行く機会がありました。僕自身はそんなにたくさんのアジアの国にいったわけではないので、特段珍しい話ではないのかもしれませんが、他のアジアの国とは違うと感じたことを備忘録と自戒として。

インドネシアには非常に多くのストリートチルドレンがいるように思います。ホテルから一歩出てお店やデパートまで歩いて買い物に出ても、タクシーに乗って移動するにしても、その道中で非常に多くのストリートチルドレンに出会います。彼らは町で通行人や車で信号待ちをしている車に、お金が欲しいと手を出すのですが、僕にはそれがある意味新鮮でもあり、いろいろと考えさせられることが多くありました。

それは彼らはただ単純にお金をくれと言わないという事です。

ほとんどの子供が give に対する take としてチップが欲しいと言います。もちろん歩道橋や道端に座って目の前にコップを置いてという人もいますが、そうやってチップをもらっているのは大抵は年配の方で、僕が会った少年や少女のほとんどは、繰り返しますが give に対する take としてのチップが欲しいと言ってきます。(もちろん彼らはチップを強要するわけではありません。give に対して take としてチップが貰えたらラッキーという確率なんだと思います。)

一例ですが、

車に乗っている時に会うのは

  • 側道からメインストリートに出る際になかなか合流するようなタイミングがないような渋滞時に本線の車を止めて合流出来るようにする。
  • ギターを持って歌を歌う。(歌ってくれる歌のリズムが結構耳に残るw)
  • 物を売ってる。(今までみた中では食べ物、馬のマスク、一輪の花が多かった)

歩いている時に会うのは

  • 猿に芸をさせる。(これはまれかもしれないし、実際にはその猿は芸なんかしてくれない。)
  • タクシーのドアを開けてくれる。(もちろん頼んでない)
  • 希望の会社のタクシーを止めてくれる。(インドネシアでタクシーに乗る際は「ブルーバード」か「シルバーバード」という会社に乗るのが安心です。)

正直、夜になかなかタクシーが捕まらない時なんかはタクシーを止めてくれると非常に助かることがあります。「ありがとう」という気持ちでチップを払いたくなります。

(ここからはビジネス、仕事の話なのですが)僕自身はこれは非常に大切なことだと思っています。

  • 1円を稼ぐのがどれだけ大変なことであるか。
  • お金を稼ぐためにはただ待っていてはいけない。
  • 需要に対して供給を行う事でその対価が得られる。
  • 人と同じことをしていては多くは稼げない。
  • 同じことをずっとしては駄目で改善を続けなければいけない。
  • 工夫しなければいけない。

彼らはそんな商売をする上では基本的ではあるけれども、とても大切な事を3歳ぐらいのころからやり続けているわけで、そんな子供たちがたくさんいるインドネシアは将来強い国になるんじゃないかと思わされます。(もちろんそういった子供たちがたくさんいるという現状が良いという意味ではないです。)

仕事をしていると事業センス、サービスセンスといった言葉を聞くことが多いと思います。僕自身も使ってしまうことがあります。僕自身が思うのは事業センス、ビジネスセンスといったものは経験とセットで研ぎ澄まされていくものである一方、この商売センス(根性)、商いの感覚は人間が生活していれば、常に意識することが出来るものであるし、また常に意識することで磨かれるものだと思っています。

事業センスやサービスセンスというのは実際に社会に出て仕事を通じて学ぶ機会が多い一方、商売センスは母親から生まれた瞬間から意識することが出来るものだといっても過言ではない。(物心ついた時からが正しいかもしれないけど)

上で書いた猿に芸をさせてチップをもらっている女の子の話です。彼女がいつもいるのは片側3車線ずつ合計6車線の大きな道の真ん中にある中央分離帯です。で、なるほどなと僕が思ったのはそこの歩道の信号はタイミングが悪くて片側を渡っても、もう片側の信号が赤のままで必ず中央分離帯の部分で(1分程度は)足を止めないといけません。彼女は歩いている人がかならず足をとめる部分にいます。彼女は自分の商売をする場所をきちんと選んでいるのだと思います。

彼ら彼女らはいろいろな give を考えて take を得ようとするわけですが、彼らが提供しようとする give は同じように見えるけど厳密にはどれも違い、とてもよく考えていると感心します。

事業センスやサービスを作るセンス、経験、力というのはもちろん大事ですが、僕はそもそもこういった商売感覚というのは事業やビジネスをする上では根底のところで、非常に大事なものだと思っています。どんなに優れた事業プランも、サービスも商売としての勘所を見誤うとうまくいくものもいかない。引き際、仕掛けるタイミング、創意工夫。

繰り返しになりますが、商売センス(根性)というのは、年齢問わず、経験、立場問わず、すぐにでもいつでも磨けるものだと思っています。僕がいつも心がけているひとつは(厳密には昔は心がけていたのですが今は習慣的にやっちゃう)どのような種類のお店に入ったりしてもそのお店が儲かっているかどうか考えるようにしていました。どうすればもっと儲かるかを考えるようにしてました。お店に入った時だけではなく、特に自分が金銭を払う場合にはその商売のことを考えるようにしていました。

古びた商店街なんかで「絶対にお客きてないやろ。」というような(こういう場合は老夫婦が経営してることが多い)お店がどうやって商売してるんだろうと考えることが一時期好きでした。感覚なのですが、これは自分の畑違いの業種でやってみるのが一番おもしろいし勉強になる気がしています。

ジャカルタに住むインドネシア人に彼らにチップを渡したりする事はあるの?と聞いた事があるのですが、決まって帰ってくる答えはあれは嘘だから大抵チップを上げることはないと言います。(上記の話とはまた別なのですが)何が嘘なのかと言うと、小さな赤ん坊を腕に抱いてチップが欲しいといってくる年配の女性が結構いるのですが、多くの場合その赤ん坊は隣近所の知り合いの子供だったり、孤児院にいる子供を借りてきているらしいのです。要は芝居だと。倫理的な問題を置いておいたとすれば、なるほどと感心したことがありました。

商売のセンスがあるとお金を稼ぐ大変さを知り、だからこそ、稼ぐ商売をする事が出来る。おそらくその過程で自然と身につくものなんだと思いますが、ものごとの本質を見抜くような力もつくような気がしています。

当然ですがその逆である「経費」なんかの出金に対する意識も変わります。(これはケチケチと使わないことが大事なのではなく、その使ったお金で次にどう稼ぐかということがセットでないといけないということで、単純なケチとは違います。)また肌感覚で儲かるか儲からないかを嗅ぎ分けるようなお金に対する嗅覚も研ぎ澄まされていくのではないかと思っています。

インドネシアに行くともっともっと商売のセンスを身につけていかないと行けないといつも思い知らされます。

{ Please Post a Comment or Like! }

2011年目標

あけましておめでとうございます。

今回の年末年始は熱が続きずっと布団の中で過ごすことになったほんとうの意味での寝正月に。本当は初詣にも行きたかったのですがまだ体調も優れないので今月のどこかでいきたいなぁと思っています。

2010年を無事に追え、そしてまた新年が迎えられるのも周りの人がいたからこそだったなぁと感じております。特に昨年末にはいろいろな人といろんな話をさせて頂きましたが強くそれを感じました。ありがとうございます。

そして2011年の目標を一言で表すと「グローバル」

飛翔とか、そういう言葉ではなく「グローバル」ってどうなんだろうとは思うのですがひとことで言ってしまうとグローバルであることは間違いないのでグローバルでいきたいと思っています。

僕にとっての2011年はとても大きな1年になるような気がしています。これまでの人生を振り返ると3年ごとに大きな決断と転換がありました。2011年もそうなるような気がしています。
だからというわけではないのですが、今年はこのひとつを追いかけようと思っています。性格的にひとつの大きな目標を見つけるとすべてを捨ててそれを追いかけるタイプなのですが今年は徹底的にこの目標を追いかけたい。

まだまだ人生を楽しむ余裕も余暇もいらない。愚直に邁進していきたいと思っています。

2011年もよろしくお願い致します。

{ Please Post a Comment or Like! }

Googleが創業したガレージに行ってきました – Google’s founding garage -

2010/08/15から毎年アメリカのサンフランシスコ(去年まではサンノゼ)で開催されるSES ConferenceというSEO/SEM系のカンファレンスに行かせてもらってました。

セッションが無い日を利用してシリコンバレーの方にブラブラしに行ってきたのですが今年は僕自身がどうしても行きたかった場所のひとつでもあったGoogleのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがスタンフォード大学から出て、初めてオフィスとして借りた創業ガレージを見に行ってきました。Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスターとか本のタイトルについてる「あの」創業ガレージです。

それまでのGoogleはスタンフォード大学内で検索エンジンの開発を続けていたのですが、1998年頃から人気と伴にトラフィックが急増。大学のネットワークをも落としてしまう事態が発生することもしばしばで大学外にオフィスを借りる必要があり、この場所を見つけることになります。

当時のこの家は現在もグーグルの副社長を務めるスーザン・ウォジスキの自宅でそのガレージを借り(1700ドル/月)、回線を沢山引いて開発とサービスを運営していたそうです。
現在はというと創業者の2人がこの家を買い戻しているようです。外から見ると数点の家具があるのが見えました。

僕はGoogleが大好きということもあり現地ではテンションも劇的に上がり感慨深くもありました。ちなみにこのガレージの住所は非公開とされているらしいのですがGoogleで検索すると調べることが出来ます。

Google founding place グーグル創業ガレージ
Google founding place グーグル創業ガレージ2

{ Please Post a Comment or Like! }

googleとYahoo Japanの提携と明るい未来

2010年7月27日。日本のインターネット業界にとってまたひとつ大きなニュースが流れた。Yahoo Japanとgoogleの提携。

マイクロソフトとYahoo Inc.によるグローバル契約が先行して締結されている状態で、そしてまたつい先月にはYahoo Inc.へのBingエンジンの導入スケジュールの決定が報道される中、多くの人はYahoo!Japanでも当然Bingが導入されるものだと思っていた。

もちろん僕も。

7月27日。発表当日の朝には公式発表が出る前からtwitterやメディア、blogからgoogleとYahoo Japan との提携があるかもしれないという、どこからかリークされた情報がネットに流れる中、僕自身はそんなことはまずありえないと思っていた。

Yahoo Japanによる決算説明会が終了したぐらいから「GoogleとYahooの提携による今後」というようなタイトルで多くのニュースメディアやブロガー、関係者、業界人が今後の検索業界を予測したり、または今回の提携が良かったのか悪かったのか、今回の両社の選択はどうなんだ?などと批評する記事が沢山流れる中、僕にとってはそんなことはどうでも良くて、ただひたすら興奮していた。

理由はものすごく単純で今回のgoogleとYahooの提携でそこに生まれるチャンスの大きさがとてつもなく大きんじゃないかと想像して興奮していた。インターネット業界に身を置く僕には本当に興奮しかなかった。

自分の専門領域をあげなさいと言われれば僕は「検索」だと言う。僕の場合の検索っていうのはエンジンそのものを作っているような花形ではなくて、約10年くらい前にSEOやSEMを勉強することから社会人生活がはじまり、そのせいもあって沢山の検索エンジンを使ってきたし、研究もしてきたという意味での専門が「検索」ということなんだけども。

(エンジンを作るというような花形ではないけど)関わり方はどうあれやっぱり僕は今までずっと関わってきた検索が大好きだし、これからもこの市場に魅力を感じて仕事をしていくだろうと思う中では、日本市場におけるGoogle一強(に見える)の構造は多くの検索エンジン事業者、ベンチャー企業にとって大きなチャンスだと思う。チャンスでしかないと思う。

日本市場において競合はgoogleだけになった。ものすごくシンプル。

あとはユーザーに焦点を絞りただひたすら○○なイケテル、クールなアイデアが実装された検索エンジンの開発をし続ければいいだけになった。もちろん僕はGoogleが簡単に倒せる相手だとは思わないし、むしろ僕に検索エンジンを作るチャンスがきたらGoogleと共存する、だけども、ど真ん中の検索エンジンを作るだろうけどもそのチャンスが本当に巡ってきたと思う。

詳細を覚えてないんだけども、1998年ぐらいにあるジャーナリストがビル・ゲイツに「マイクロソフトの今の立場を脅かすようなライバルになりえる企業は?IBMかDellか?」って質問した際にビル・ゲイツは回転イスの上でくるくる回りながら少し考え、「今頃ガレージで頑張ってるようなベンチャー企業かな」って答えたらしい。

その年はGoogleの創業者の2人がガレージでエンジンをつくりはじめた年。

企業が大きくなり、事業が市場を支配するようになると慢心を産む。Googleがそうなるといってるんじゃなくてそれが(少なくとも)世の中の真理なのであればやっぱり日本の検索市場には大きなチャンスがあるんじゃないかと思う。

Naver、百度、Twitter、Facebook、Blekkoなどや、どこか小さなオフィスか自宅の片隅で頑張ってるベンチャーがまずは日本市場においてGoogleからそのシェアを少しずつ奪い取れるような状況が用意されたんだと思う。

今までならGoogleがいてYahooがその2社がシェアの90%近くを握るような市場だと、この市場に参入することすら難しく感じていた状況が不思議とGoogleしかいないならなんとかなるんじゃない?って思う企業が出てくると思う。

小さなベンチャーが検索エンジンを作ってるんだと言えば、ふたこと目には「Googleにどうやって勝つの?」って言われるようなどうしようもない世の中だけど、日本における検索市場には大きなチャンスが出来た。

「今回の提携により~」ってああだこうだと論じる前に、プラスな面がこうでマイナスな面はこうで、と考察する前にまずはこの大チャンスに興奮することを忘れたら駄目なんじゃないかと思う。なんといってもインターネットの世界。何が起こるかわからない。

そういう意味ではNAVERの森川社長のインタビューをみると震えるね。

この件については社内でも議論しましたが、1つ思ったのはGoogleさんの検索エンジンがヤフーさんに入ったということは、NAVERが入る可能性もあるんだなということ。あとはGoogleさんが強くなると、その勢いをなんとかしなければいけないという人たちが僕らのことを助けてくれるかもしれない(笑)

Naver頑張れ。百度頑張れ。Twitter頑張れ。検索エンジン作ってるベンチャー頑張れ。

これはとんでもないチャンス。

僕も頑張ろうと思う。


あとなんかみんな勘違いしてるように思うんだけど(もちろん僕が間違ってる可能性はあるけど)今回の提携においてY!JがGoogleに対してオークションやショッピング等のデータ提供を行うという提携内容からGoogleの検索結果にY!JのURLが優先して掲載されるみたいな風に思ってる人がいるみたいだけどまずそんなことはない。過去にもそして未来にもGoogleが特定の契約うんぬんをもとに検索結果を特定の事業者にとって有利なSERPにしてしまうという事、作為的なSERPを作るっていう事は絶対にしない。

今回データ提供するよって言ってるのは例えばGoogleが米国のプロダクトサーチみたいなものを作る際にY!Jの製品DBを利用するとかそういう話なんじゃないかと思うけど。

{ Please Post a Comment or Like! }

TwitterとSEOスパム

「twitterで複数のアカウント、ダミーアカウントを大量に作ってそのアカウントから順位を上げたいサイトのURLをつぶやいたり、もしくはサテライトサイトのURLを呟いたとしても、twitterって外部へのリンクにnofollowつけてるから意味がないですよね?」

っていう質問を受けたり、または

「nofollowがついてるから意味がないのに無駄な努力してるね。」

っていう話を聞いたりすることがあるんだけども、まず結論からだけいうと上記のような方法、つまりTwitterで順位を上げたいURLを呟く、もしくはサテライトサイトのURLを呟くことにSEO的な効果があるかどうかでいうと効果がある。

でもTwitterを利用したSEOスパムの本質はそこにあるんじゃない。

Twitterが外部リンクに対して「nofollow」を付けているかどうかなんて関係ない。もちろんnofollowを付けてなければ素人スパマーがもっと飛びついていたかもしれないけど。

上記のようなTwitterを利用したスパムの本質はTwitterが公開しているAPIにある。

つまりどういうことかというと、現在はTwitterを利用した(APIを利用した)サードパーティー系のサービスが世界中に沢山出てきている。感のするどい人はもう気づいていると思いますが、つまりそういうことです。

たいていのそういったサービスにはnofollowがついていない状態で呟きに含まれるURLがそのままソース上に出現していることがほとんどです。そしてそのTwitter関連サービスの数といえば今や世界中にあり、もっというと日々増える中で、「IP分散を気にした被リンク構築」とか考えずに1回呟くだけで一気に大量の被リンクが獲得出来るということになります。

やったね。スパマー。Twitterありがとう。

ってことになるんですがスパムなんてみんなやめよう。


注) 僕はこの記事を書く事でTwitterを利用したSEOスパムをもっと沢山の人にやってもらいたいと思っているわけではありません。スパムっていうのは一部の人がそのテクニックに気づいてから、多くの人がそのテクニックに気づくまでのその期間がそのスパムの有効期間だからです。

{ Please Post a Comment or Like! }