Larry と Sergey に向けたブログ

ここ1,2週間ぐらいで google から大きなリリースが3つもあった。

1つ目は本丸のUIを変えた。
2つ目は検索アルゴリズムの変更。
3つ目は google+ はすごく使われてるし伸びてるよっていうリリース。

だけども少なくとも僕の使うソーシャルメディアのウォールではそれらに対する反応は少なかった。(メディア企業の人が多いからまだ2つ目はあったかな。)ブログもいろいろ探したけどあまり話題にしてる人も少なかった。

これみたら分かるけどあまりにもひどいだろ。(まぁ Facebook と比べてもないけど比べてみた。)

これが2年前ならこぞってみんな google への感想や考察を書き、ああでもないこうでもないって勝手に盛り上がってたんだろうなと思う。本丸のUIとかアルゴリズムってみんなの関心や興味のど真ん中だったし。

(少なくとも今よりは)たくさんの人が google を好きだったし Web の世界の興味や関心の中心は google にあったと思う。みんなの憧れる人気者だった。少なくとも僕は google が出すサービス、プレスリリース、時にはこっそり実装する検索アルゴリズムを心待ちにしてたし次は何をやらかして驚かしてくれんの?という気持ちでいっぱいだった。

まぁ僕の場合は今でもそうなんだけど。

今の google を見てると、当時検索分野で明らかに遅れをとっていた(検索が次のWebの中心だということに気づくのが遅すぎた)マイクロソフトのように見える。大きくなりすぎた体と相手が新興ベンチャーだからか、その一方でお金、人材、技術力では大きな力を持っていたことに慢心したのかそんなマイクロソフトの作る検索はなんていうか、やっぱり的外れというか。

もちろんマイクロソフトもその数年前までは人気者だった。みんな新しい Windows が出たらこぞって並んでたし、何が新しくなったかということに興味津々。

でも少しずつ誰もそんなことを気にしなくなった。

今でも Windows 使う人は多いけど別に好きで使ってるわけではないというか、こだわって Windows ですっていう人って少ないだろうし、なにが新しくなったとかそんなことに気を払う人って大きな企業にあるような情報システム部門の人間だけじゃないかと思うぐらい。互換性なくなると困るからね。プリンターいきなり使えませんとかって問い合わせが社内から殺到したらめんどいだけだし。

この1,2週間を見ていてなんか似てるなと思った。なんていうか誰にも気にしてもらえなくなるって寂しいよね。

誰にも気にしてもらえない、興味を持ってくれない、関心を持ってくれないものを作り続けるって酷だよね。でもシェアで言えばNo.1だしビジネスとしても馬鹿にならない売上で、実際まぁそれでも他の製品と比べれば一番良いし慣れてるからっていう理由でユーザーが使ってくれてるという状況だとサービスとしては開発を続けなければいけない。

繰り返しになるけど、だけども、ユーザーからすれば特に興味があって使ってるわけじゃないし、好きで使ってる場合じゃない場合、これ良いねとか、こうしたらもっといいのにみたいなフィードバックも少なくなってくる(と勝手に予想する)中で、実際に作ってる人のモチベーションってどうなんだろう。

そんな会社からまた Windows みたいなすごいサービスとか製品って出てくるのかな。。。(あ、ごめん。キネクトはすごいね!出てるね。)そんな状況の中で良いものづくりってそもそもできるんだろうか。

まぁ実際僕はそのシーンを見てないから知らないけど、例えば Windows7 が出た時って盛り上がったんだろうか。今回の Windows まじでスゲーみたいな感じで。なんかそんなことないような気がするけど。

まぁ知らないけど実際 Windows7 が発表される時にジョブズみたいな感じのプレゼンで、「One more Thing….」とか言われたら作ったエンジニアは「すみません。。。その機能そんな感じでアピールされたら逆に恥ずかしいんですけど。。。」みたいになりそうな気もするし。

絶対的なシェアはあるけど、人気というか興味関心を持ってもらえないサービスを作るっていうのは難しいんじゃないかと感じた。競合が出たらあっと言う間にいかれるんじゃないかって思う。今のアップルとマイクロソフトを差してるわけではないけど。

僕の個人的な性格から言えばだけども、一度関心がなくなると、またその対象に再び関心を向けるっていうのがなかなか出来ない。別に嫌いになるとかそういうわけではなくて、ただただ興味がないというか関心がなくなるというか。これは僕だけじゃなくて人間ってそんなもんだという気もするし。

そういえば、5年前、10年前とかに google はずっと今の(当時の)ようなサービスをガンガン出し続けることが出来るすばらしいベンチャー企業で在り続けることができるんだろうか。みたいな話をネタに盛り上がったのを思い出す。僕は google なら間違いなく大丈夫だって言ってた気がするけど、一方でいつかこんな日もくるんじゃないかとも思ってた。それは別に特段の理由があったからじゃなくてそういうのが世の中の真理じゃないかとも思ってたからだと思う。栄枯盛衰、ずっと良い状況にいれる会社なんてないだろうし。

これからもそういう意味では google は必ずWebを検索する時には使われるだろうとおもう。だけどそれだけじゃ物足りなくて、僕は google にはみんなの人気者で、興味と関心の中心にいる、もちろんユーザーが毎日使うようなサービスを生み出し続ける会社であって欲しい。まぁ便利だし、他に良い検索ないから使ってるんだよねっていうサービスを提供してる会社にはなって欲しくない。

2008年に googleplex であった googledance に行った時のことを思い出した。あの時、プレステのコントローラーで動く戦闘ロボみたいなのを(20%ルールで)作ってるグーグラーがいて、「これすごいっしょ?」って子供みたいに自慢されて、(検索と全然関係ないな。。。とか思いながらも)「いや、これまじですごいね。やらしてよ。」って興奮して楽しかったのを思い出した。

例えば今年に google dance を開催したら同じくらい楽しいんだろうか。
今でもgoogleのエンジニアは楽しくやってるんだろうか。

それで本題というか、つまり結論はなんだっていう話だけれども僕はまだ google はまだ間に合うと思ってる。多くの場合批判する奴、中傷する人間っていうのはどんなところにもある一定数いるものだけれども、僕の20代は google とあったといっても過言ではないし、それに今でも google 全社員で 「google 好きコンテスト」(それがなんなのかよく分からないしどんな種目があるのかしらないけど)が行われれば上位10%には入れる自信があるから、これぐらい書いてもいいだろうと思って書くんだけど、僕が思うに今の google は絶対にやっちゃいけないことを全力でやってる。まずこれを辞めること。それから自分たちが何屋なのかを思い出せ。やってはいけない事を辞めてやるべきことをきちんとやる。これに尽きる。

株式会社だから儲けないといけないのは十分わかってる。目の前にトレンドがあればきちんとそこを狙いにいかないといけないのもわかってる。だけれどもそこは google のやり方で波に乗ればいいだけの話。株主がガタガタ抜かすんだったら、こんなときこその黄金株の出番だろ。無視すれば良い。

まだ間に合う。正直言えば僕の人生から google がなくなると人生の楽しみがひとつ減るというのもあるし今まで集めてきた google グッズどうすんだっていうのもあるんだけど、まぁそうだとしても僕は google にはいつまでも google であって欲しいと思う。

『Google’s mission is to organize the world‘s information and make it universally accessible and useful.』

* google頑張れ!っていう内容にしたかったんだけど、読み返すとマイクロソフト批判みたいになってる。そこは「例え」なんで他意はないです。

Post a Comment