googleとYahoo Japanの提携と明るい未来

2010年7月27日。日本のインターネット業界にとってまたひとつ大きなニュースが流れた。Yahoo Japanとgoogleの提携。

マイクロソフトとYahoo Inc.によるグローバル契約が先行して締結されている状態で、そしてまたつい先月にはYahoo Inc.へのBingエンジンの導入スケジュールの決定が報道される中、多くの人はYahoo!Japanでも当然Bingが導入されるものだと思っていた。

もちろん僕も。

7月27日。発表当日の朝には公式発表が出る前からtwitterやメディア、blogからgoogleとYahoo Japan との提携があるかもしれないという、どこからかリークされた情報がネットに流れる中、僕自身はそんなことはまずありえないと思っていた。

Yahoo Japanによる決算説明会が終了したぐらいから「GoogleとYahooの提携による今後」というようなタイトルで多くのニュースメディアやブロガー、関係者、業界人が今後の検索業界を予測したり、または今回の提携が良かったのか悪かったのか、今回の両社の選択はどうなんだ?などと批評する記事が沢山流れる中、僕にとってはそんなことはどうでも良くて、ただひたすら興奮していた。

理由はものすごく単純で今回のgoogleとYahooの提携でそこに生まれるチャンスの大きさがとてつもなく大きんじゃないかと想像して興奮していた。インターネット業界に身を置く僕には本当に興奮しかなかった。

自分の専門領域をあげなさいと言われれば僕は「検索」だと言う。僕の場合の検索っていうのはエンジンそのものを作っているような花形ではなくて、約10年くらい前にSEOやSEMを勉強することから社会人生活がはじまり、そのせいもあって沢山の検索エンジンを使ってきたし、研究もしてきたという意味での専門が「検索」ということなんだけども。

(エンジンを作るというような花形ではないけど)関わり方はどうあれやっぱり僕は今までずっと関わってきた検索が大好きだし、これからもこの市場に魅力を感じて仕事をしていくだろうと思う中では、日本市場におけるGoogle一強(に見える)の構造は多くの検索エンジン事業者、ベンチャー企業にとって大きなチャンスだと思う。チャンスでしかないと思う。

日本市場において競合はgoogleだけになった。ものすごくシンプル。

あとはユーザーに焦点を絞りただひたすら○○なイケテル、クールなアイデアが実装された検索エンジンの開発をし続ければいいだけになった。もちろん僕はGoogleが簡単に倒せる相手だとは思わないし、むしろ僕に検索エンジンを作るチャンスがきたらGoogleと共存する、だけども、ど真ん中の検索エンジンを作るだろうけどもそのチャンスが本当に巡ってきたと思う。

詳細を覚えてないんだけども、1998年ぐらいにあるジャーナリストがビル・ゲイツに「マイクロソフトの今の立場を脅かすようなライバルになりえる企業は?IBMかDellか?」って質問した際にビル・ゲイツは回転イスの上でくるくる回りながら少し考え、「今頃ガレージで頑張ってるようなベンチャー企業かな」って答えたらしい。

その年はGoogleの創業者の2人がガレージでエンジンをつくりはじめた年。

企業が大きくなり、事業が市場を支配するようになると慢心を産む。Googleがそうなるといってるんじゃなくてそれが(少なくとも)世の中の真理なのであればやっぱり日本の検索市場には大きなチャンスがあるんじゃないかと思う。

Naver、百度、Twitter、Facebook、Blekkoなどや、どこか小さなオフィスか自宅の片隅で頑張ってるベンチャーがまずは日本市場においてGoogleからそのシェアを少しずつ奪い取れるような状況が用意されたんだと思う。

今までならGoogleがいてYahooがその2社がシェアの90%近くを握るような市場だと、この市場に参入することすら難しく感じていた状況が不思議とGoogleしかいないならなんとかなるんじゃない?って思う企業が出てくると思う。

小さなベンチャーが検索エンジンを作ってるんだと言えば、ふたこと目には「Googleにどうやって勝つの?」って言われるようなどうしようもない世の中だけど、日本における検索市場には大きなチャンスが出来た。

「今回の提携により~」ってああだこうだと論じる前に、プラスな面がこうでマイナスな面はこうで、と考察する前にまずはこの大チャンスに興奮することを忘れたら駄目なんじゃないかと思う。なんといってもインターネットの世界。何が起こるかわからない。

そういう意味ではNAVERの森川社長のインタビューをみると震えるね。

この件については社内でも議論しましたが、1つ思ったのはGoogleさんの検索エンジンがヤフーさんに入ったということは、NAVERが入る可能性もあるんだなということ。あとはGoogleさんが強くなると、その勢いをなんとかしなければいけないという人たちが僕らのことを助けてくれるかもしれない(笑)

Naver頑張れ。百度頑張れ。Twitter頑張れ。検索エンジン作ってるベンチャー頑張れ。

これはとんでもないチャンス。

僕も頑張ろうと思う。


あとなんかみんな勘違いしてるように思うんだけど(もちろん僕が間違ってる可能性はあるけど)今回の提携においてY!JがGoogleに対してオークションやショッピング等のデータ提供を行うという提携内容からGoogleの検索結果にY!JのURLが優先して掲載されるみたいな風に思ってる人がいるみたいだけどまずそんなことはない。過去にもそして未来にもGoogleが特定の契約うんぬんをもとに検索結果を特定の事業者にとって有利なSERPにしてしまうという事、作為的なSERPを作るっていう事は絶対にしない。

今回データ提供するよって言ってるのは例えばGoogleが米国のプロダクトサーチみたいなものを作る際にY!Jの製品DBを利用するとかそういう話なんじゃないかと思うけど。

Post a Comment