ストレス値

最近体調に少しだけ異変があり病院に行く機会がありました。

病院で先生に最近ストレスを感じますか?という質問をされると毎回答えに困ります。

答えに困るというのは質問の意図が明確でない場合が多く、また僕自身にも正確には分からない事が理由なのですが、こういった質問をされる際にはたいていの場合予測される病気の原因が医学的に明確でない事が多く、また原因が明確でないために確固たる治療法もない場合ではないかと思います。

僕自身はストレスというのはそもそも人間が、(もしかすると生物がかもしれないですが)生きている以上なにかしらのストレスというのは絶えず存在するものであると思っています。それこそ1日のうちでも、年中を通してでも仮に数値化することが出来るとすれば、ボラの激しい波形になるのでないかと思います。やっかいなのはそんなストレスをその時点の状態において主観的に且つ定性的にしか判断することが出来ず、客観的に且つ定量的に判断出来ないことです。

病院に行くというのは何かしらの身体的異常があるから行くわけですが、どういった病気であるにせよ、そういうときには人間の体の免疫力というのは大抵の場合落ちているし、おそらく精神的にも弱気であり、そんな時に先生からストレスの有無を聞かれれば大抵の人はストレスを感じていると答えるような気がします。

医学的に原因が不明とされる多くの病気において、そういった状況において患者が「聞かれた時に」訴えるストレスが、結果、その病気における共通点として多くあげられ、その原因のひとつ(時には主要因)にストレスが入ってくるのではないかと思うと、ストレスが原因とされる病気の原因が本当にストレスなのか疑問になります。

このストレスというものを定義、数値化することはいまの技術では難しいのでしょうか?体温のように計れるようになれば、ストレス値を見ながら生活のリズムを整えたり、例えば体温でも平熱が低い人にとっての37度が辛いと判断出来るように、病気の原因がストレスなのかどうかをより判断しやすくなる気がします。

さらに問題なのはこのストレスという事象が現状では当然の指標のひとつになっていることだと思います。主観的且つ定性的にしか判断出来ないにも関わらず。
どうしてストレスという定性的で主観的なものが病気の原因としてさも当然であるかのようになっているのかも不思議です。もちろん最近ストレスが溜まってるなと感じるそういう時に病気になりやすいし、またストレスが病気を引き起こすひとつにはなりえそうだとは思うのですが、なんでもかんでもストレスではなんだかなぁとも思います。

さも、そうであるかのように書きましたが、僕は医療従事者ではないので専門知識も全くありませんので上記が正しいのかどうか全くわかりません。哲学的な話では無くて、医学的に誰かにきちんと話しを聞ける機会があればいいのですが。

ストレスが定義されストレス値が定量的に測定出来ることには意味がありそうなので期待するしかないのですがそうなると何か変わる気もします。

とか考えているうちに同じ話はビジネスでもありえそうなので気をつけないとなと思ったので備忘録。

{ Please Post a Comment or Like! }

PHPからGmailなどの外部SMTPサーバーを利用してメールの送信

最近ウェブ上のサービスからメールを送信したいけどもSMTPサーバーをわざわざ立てるのもめんどくさいし、SMTP立てるとセキュリティ管理もめんどくさそうだしという機会があって、ならGmailのSMTPサーバーを利用してして送ればいいやという機会がありました。
サーバーはsakuraのVPS, サービスはphpで作っていたものです。

ので備忘録です。

はまりどころとしては3つありました。

mb_encode_mimeheader
mb_convert_encoding
mb_encode_mimeheader($title)
mb_convert_encoding( $body, “ISO-2022-JP”, “auto” )

このあたりを設定しないと日本語での送信が文字化け。

・’username’ => GMAILUSER

“hogefuga@gmail.com” みたいなアカウントのSMTP使うなら”hogefuga”だけで。
またgoogleappsなんかで”gmail@hogefuga.com”みたいなドメインでGmailを利用しているアカウントのSMTP使うなら”gmail@hogefuga.com”全部記入。

うまく行かない場合には ‘debug’ => false を true にして確認すると良いと思いますがPHPから送る前に telnet でそもそもサーバーからの接続が可能かどうかを確認するのも大事だと思います。

% telnet smtp.gmail.com 465
Trying 74.125.141.109...
Connected to smtp.gmail.com.
Escape character is '^]'.

ここでだめならiptablesとかを見直してやり直し。

ただ色々見てると大量に送信しちゃうとはじかれるようです。


function Sendemail($title, $body, $toemail="XXX", $fromemail="XXX")
{
    require_once("Mail.php");
    require_once("Mail/mime.php");

    mb_language("japanese");
    mb_internal_encoding("utf8");

    $params =
        array(
            'host' => 'tls://smtp.gmail.com',
            'port' => 465,
            'auth' => true,
            'protocol' => 'SMTP_AUTH',
            'debug' => false,
            'username' => GMAILUSER,
            'password' => GMAILPASS,
        );  
    $headers  =
        array (
            'To' => $toemail,
            'From' => $fromemail,                                                          
            'Subject' => mb_encode_mimeheader($title),
        );  

    $body = mb_convert_encoding($body, "ISO-2022-JP", "auto");
    $smtp = Mail::factory('smtp',  $params);
    $smtp->send($toemail,  $headers,  $body);
}
{ Please Post a Comment or Like! }

ウェブサービスと作り手の人格

最近G戦場ヘヴンズドアという漫画を読みました。

最近G戦場ヘヴンズドア

『G戦場ヘヴンズドア』(ジーせんじょうヘヴンズドア)は、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品。『月刊IKKI』(小学館)にて2000年11月から2003年6月まで連載された。全18話。単行本は全3巻(1巻のみ大判コミックも存在する。内容は同じ)。現代日本の高校生を描いた青年漫画。商業漫画の世界を戦場に喩え、そこでともに戦う戦友の関係をテーマとして、漫画家の父を持つ青年と、編集者の父を持つ青年の葛藤、成長を中心に描く。- wikipedia

心に留まった事があるので備忘録として。

物語の中盤、主人公は行き詰まり思い悩むシーンがあるのですが、その際に彼はある漫画家の先生に1つ質問をします。別の作家のある漫画を読みながら、

「どうしてこんなに愛されてるんだ?漫画家に必要なのものって何すか?才能じゃなかったら何すか?本物との差を決定的にわける一線っていったい何なんですか?」

と質問します。するとその先生は即答します。

人格だよ」と。

考えさせられた言葉でした。僕はインターネット業界にいるのですが、ウェブサービスを作る時にも同じ事がいえるのではないかと感じます。

『良いサービス、便利なサービス、革新的、おもしろい、、、。』あるウェブサービスを捉えてとかく表現する事が出来ると思いますが、多くのユーザーさんに長年使ってもらえているような、つまりは愛されているなぁというサービスには作る人の人格もまたひとつの大事な要素になっているのではないかと思います。

最近ではウェブサービスも科学や論理、理屈で作るということが多くなってきたようにも感じますが、ただそれだけでなく作り手の人格が反映されたような、人となりを持ったような人間臭いウェブサービスを作ることも大事なひとつじゃないかなと思います。

作ったサイトを自分が、周りが、見て「このサービスはあなた(会社)が作りそうなサービスですね。」とか、「あなた(会社)らしいですね。」というのも大事なことのひとなんじゃないかと思います。

作り手の人格。

僕がウェブサービスを作る時には大事にしたいひとつだなと改めて認識しました。

{ Please Post a Comment or Like! }

VPNサーバーを構築して海外からDQ10をプレイ

DQシリーズはずっとプレイしていたのでこの ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 の発売を楽しみにしていました。そして今回はDQシリーズとしては初めてのMMOということで尚更。あとは恐れていることが起きない仕様であることを祈って発売日を待っていたのですが。。。

日本国外(海外)からのオンラインの接続は可能ですか?

海外(日本国外)からのオンラインモードへの接続は保証しておりません。

発売前にも上記案内があったので極めて難しそうっという印象だったのですが、諦めきれず発売前にサポートにも問い合わせしてみたところ上記と同じ回答でした。知りたかったのはサポートがあるかどうか、ではなくて、技術的に海外IPを弾くなどの仕様なのかが気になっていたのですが、技術情報に関する事なので回答できませんと。

その後、、、

エラー「DQ-100-106-X」が表示されます。

「DQ-100-106-X」のエラーコードは、サービス提供地域(日本国内)以外からオンラインモードに接続しようとした時に表示されます。

という流れで改めて絶望的な運びになりました。実際ダイレクトに繋ぐと上記エラーが出て接続出来ません。

ここで諦めては一生に食いを残すと思い、すでに借りていた専用サーバーにVPNを構築して繋いでみることに。サーバーはさくらのVPSを利用。プランは1G月額980円のものです。

VPNの構築自体は以下辺りを参考にしながら。

ttp://d.hatena.ne.jp/earth2001y/20120223/p1
ttp://kuni92.net/article/286171871.html

VPNの構築自体はすんなり行きましたが、詰まったのが iptables の設定。VPNに対してPPTPで接続は出来るものの、VPNサーバーから外に出られず詰まりました。これまできちんと理解して設定したことがなかったので、今回改めて勉強しなおし非常に勉強になりました。

ttp://www.nina.jp/server/redhat/iptables/iptables.html
ttp://www.atmarkit.co.jp/flinux/index/indexfiles/iptablesindex.html

そしていよいよ最後。
もちろんWii自体にはVPN接続をするような設定はないので、構成としては

Router[PPPOE] – (Ethernet) – Mac[PPTP] – (wifi) – Wii

という形にしました。Wiiのwifiを掴む力が弱くMacとWiiがなかなか繋がらないという現象に遭遇する場合にはwii用のUSBLANポートを買って

Router[PPPOE] – (wifi) – Mac[PPTP] – (Ethernet) – Wii

という形でも良いと思います。


結果VPNサーバー経由で、海外からDQ10をプレイすることが出来ました!

通信速度自体はVPNを経由して200bps以下と最悪ですが十分にプレイできます。ただやっぱり時々の切断はあります。といっても1日に1回あるかどうかぐらい。もう少しチューニングして安定するようにしたいと思います。

ちなみにradikoも聞けるようになりましたが接続は東京で802は聞けず。残念。

最後にDQ10を海外からプレイするのに上記以外にもいくつか方法がありますが、自分でVPNサーバーを構築するのがめんどくさい人、またはDQ10だけのために専用サーバーを借りないといけないという人はコスト的にも手間を考えても以下が良いと思います。上記はすでに専用サーバーを借りていて、すでになにかサービスを提供してるので追加コストにはならない人向け。

以下のようなサービスでVPNサーバーを借りるのもひとつ。

interlink.or.jp – 海外から日本へVPN接続 1,050円
ttp://www.interlink.or.jp/aff/ppc/myip_kaigai_vpn_signup.html

または日本に設置してあるルーターにVPNサーバーを構築する方法でもいけると思います。

これは日本にブロードバンド回線を持ったまま海外にいる人(もしくは無理を聞いてくれる友達がいるとか)はバッファローの最近のルーターはVPNの設定が簡単に出来るようになっているのでそれを利用しても良いと思います。DDNSをサービスを利用しても月315円とか。次回帰国時に設定しようと思います。

必死か!

{ Please Post a Comment or Like! }

石垣島旅行

夏休みを利用して石垣島に行ってきました。厳密には石垣島の近くのさらに離島です。突然に決めた予定だったのであまり下調べもせず、
とりあえずましもちゃんが愛用していることりっぷとシュノーケル用の用具だけを買って3泊4日の弾丸旅行でした。

沖縄は初めてだったのですが、人生に一度は行きそうだし、あとは噂に聞く「星のや」が石垣島の近くにあるのを見つけて思い切って行くことに。

予想以上にものすごく良かったです。海は綺麗だし、星は綺麗だし、全てが綺麗。というありきたりな感想ですが個人的には海水温度が高くてシュノーケリングもしやすく、何と言っても飛行機で数時間という便利さが良かった。今後は下手に海外に行くぐらいなら、沖縄に行こうと思うかもしれないぐらい。

どこで聞いたか読んだか忘れましたが、外国人は「ホスピタリティ」という言葉の意味を日本に来て初めて理解するという風に聞いたことがあります。何かの例えなんだとは思いますが、本当にそうだと思う素晴らしい3泊4日でした。

最終日は台風とバッティングして飛行機の欠航に巻き込まれましたが無事に予定通り帰ってくることが出来ました。

記念のフォトログ。

{ Please Post a Comment or Like! }